人生はやり直せないという非情な現実

人生はやり直せない。

これは身も蓋もない非情な現実で誰も言いたがらないことかもしれません。
もちろん、誰でもやればできると思います。何歳でも夢を持って取り組めます。

今のあなたとは違う人生を送ることはできますし、そういう意味では人生をやり直すことはできます。

しかし、今から私がプロ野球選手になりたいと努力しても可能性はゼロでしょう。

あの史上最高のプロバスケットプレーヤーの一人のマイケルジョーダンも
神様のような運動能力をもってしても、
プロバスケットを引退してプロ野球に挑戦しましたが選手になれませんでした。

私が今からプロ野球選手に挑戦したところで不可能なのです。
人生はやり直せない分野もあるのです。

このことを大人は子供に正しく伝えるべきではないかと思います。

スポーツにおいては小さい頃から取り組んでいないと
プロになれないスポーツがあるのだということを伝えて良いと思うのです。

 

今を真剣に生き、人生を楽しむ

何を言いたいかというと、
今を真剣に生きる方が人生は豊かになるということなのです。

プロ野球選手になりたい子供が
他の子供と一緒にゲームで遊んでいては可能性が狭まるばかりです。

医者になりたい子供が宿題もやらず勉強せず
他の子供と一緒に遊んでいれば医学部への入学は険しいものになっていくでしょう。

そして、老後に人生を楽しもうと考えて、今の人生を楽しんでいない人は
老後にできることが若いときと比べ少なくなっていくことに気づいていないのでしょう。

老後になって時間ができたら、おもいっきり海外旅行を楽しむんだと考えても、
身体が時差のある移動に耐えられないかもしれません。

私自身も二十代の頃とは旅行の仕方は全く変わっています。
今の自分ができることが二十年後の自分ができるとはかぎらないのです。

そういう意味で人生はやり直しができないのです。
とにかく、今の人生を最高に楽しんでいるのかを考えてみると良いと思います。

そして、若い人はやりたいことをみつけられているか。
やりたいことのために、今を真剣に生きているのかを考えていく必要があると思うのです。

Pocket