ジョホールバルでゴルフを楽しむ

 

今日は今年2回目のゴルフ。

ボールはたくさんロストするし、スコアもつけずです。

昨日のマラソンから引き続きのゴルフになり、かなりバテバテでした。

 

 

今回、ご一緒した方は今年1回目のゴルフに行った時にご一緒した方。

私が体調を崩した時に、すぐにジョホールバルまで来てくれた素敵なご夫婦です。

そして、私たち夫婦の4名でゴルフ。

 

このご夫婦にお会いしていなかったら、ゴルフもやっていないでしょうし、私の人生観も違っていたのではないかなと思います。

人生観が変わるほどの出会いに感謝です。

 

「必死に働けば必ず死ぬ」の意味することとは?

 

 

私は仕事が大好きで、寝る間も惜しんで働くことが苦痛ではありませんでした。

しかし、その方は事業も大成功されて、ご家族も皆さん素敵です。

 

その方のお話でよく出てくるのが、

必死に働けば必ず死ぬよ

と。

 

必死に何かをやってはいけない、

仕事は趣味でやるものだよ、と。

 

たしかに、仕事が趣味であれば必死になることはありませんよね。

何事も必死になる必要がないと思ったときに、肩の力が抜けました。

一度の人生、大いに楽しまないともったいないですよね。

 

誤解してはいけないのですが、仕事を趣味といっても遊びでやるということではないのです。

もちろん全力で仕事をすべきです。

ただ、必死にならないということです。

 

体調が悪ければ明日やれることは明日にやれば良いでしょうし、仕事を趣味のように楽しむように取り組めれば悩みも軽くなります。

うまくいかないこともあるでしょうし、お客様からのクレームがあることもあるでしょう。

職場での人間関係にも悩むかもしれません。

 

仕事を高尚なものにして額に汗して努力しなければいけないと考えるのではなく、趣味のように楽しく向き合う。

さまざまな問題があっても、命まで取られることはありません。

必死になると死んでしまう。

命を失ってしまうのです。

 

成功している経営者の特徴で、ローリングプレイングゲームの主人公のように自分を動かしていくと何かで読んだことがあります。

 

自分を客観視して自分というキャラクターにどのような人生を歩ませるか?

ゲームをクリアするまで、粛々と目の前の課題や問題を解決していく。

 

感情的になることも必要ないですし、リラックスして自分の人生をデザインしていきたいですね。

 

Pocket