息子がシンガポールのサッカー大会に参加

 

 

先日、シンガポールで開催されたサッカー大会。

アルビレックスジョホールバルチームとして息子が参加。

 

予選を3試合戦い、上位2チームが決勝トーナメントへ進出。

第1試合を7-0で勝ち、息子も4得点の活躍。

 

好調かなと思いましたが、その後の2試合は完封負けで予選敗退。

大勝したあとは、気が緩みがちで、気持ちを立て直せませんでしたね。

残念、次回に生かして。

 

日本とイギリスでは自己主張の仕方が全く違う

 

今朝はアルビレックスシンガポールのサッカースクール。

こちらは、日本人学校のグランドで練習です。

 

 

全員日本人という環境に息子は当初、戸惑っていました。

今でもコミュニケーションの仕方を聞いてきます。

日本語の使い方。意見の表現の仕方。

7歳なりに試行錯誤しています。

 

さて、アーセナル(イギリス)とアルビレックス(日本)を比べると、やはり自己主張の仕方が全く違います。

日本人は自己主張をしないと言いますが、言葉で表現しないだけで、実際は表情や態度、雰囲気などで主張していますよね。

 

一方、アーセナルでは言葉で常に表現しています。

文化が違う人たちが集まると、言葉で表現しないと伝わりにくいです。

 

日本人は理解してくれない相手を非難しますが、海外では相手に伝えられないことが非難されます。

 

相手に伝わってこそのコミュニケーション。

どちらが正しいということではなく、それぞれの文化を理解する必要があります。

 

少なくとも息子には、日本人として日本人と正しくコミュニケーションを取れるようになってほしいと思います。

文化が違い、考え方が違う。

さまざま学んで身につけてもらいたいと思います。

 

Pocket