忙しい状況に全く疑問を感じず身体を壊しました

 

毎日、忙しい日々を送っていますか?

忙しいことが充実していると思っていないでしょうか?

さらに言うと、忙しい自分に酔っていないでしょうか?

 

私自身、忙しい自分に酔っていたときがありました。

 

メールも返信する必要の無いメールも含めて、毎日、500通程度やり取りしていたときもありますし、パソコンをベッドの脇に置き、睡眠は細切れで24時間メールをやり取りしたりビジネスについて考えていたり。

 

そんな自分に対して、全く疑問を感じていませんでした。

やらなくてはいけないことが次から次へと頭に浮かび、仕事が充実していたつもりでした。

 

しかし、そのような働き方をしていたら、いつか身体を壊しますよね。

私も体調を崩して現場を離れることになりました。

 

短距離走の走り方でマラソンを走っていたようなものです。

どんなに運動能力に優れている選手でも、身体が悲鳴を上げるはずです。

 

適切なペースで適度に休息を取り、身体と相談しながら長い距離を走っていくのがビジネスに大切なことです。

 

体調を崩してみて私自身は気づくことができました。

今では無理をしないペースでスケジュールを立てるようにしています。

 

人生のバランスを改めて見直してみよう

 

一旦、全てを放棄し自分に必要なもの、大切なものを選択し、優先順位をつけて自分の人生を見直してみました。

 

すると不思議と効率よく全てが回りだしたのです。

体調を崩す前の私の方が、多くの時間をビジネスに費やしハードワークをしていたはずなのに、今では短時間で結果を出せるようになっています。

 

自分を見失っていたのかもしれません。

私は北京人のメンターが39歳でリタイアをして家族と過ごす時間を大切にする姿を見て、そのような人生を送りたいと思ったはずでした。

 

いつの間にか、働くことに喜びを見いだし、いびつな人生設計になってしまったのです。

幸せな人生を送るには、ビジネスで成功することも一つの要素ですが、健康であることや家族や周りの人が幸せであることも大切な要素です。

 

今、あなたが毎日忙しくてプライベートの時間を持てないようであれば、是非、人生のバランスを見直してみてほしいと思います。

 

家族のために働いているはずが、家族と過ごす時間を作れなくなるのであれば、本末転倒かもしれませんね。

 

Pocket