日本人が多く進出する国やエリアでは、日本人が日本人相手の進出コンサルをやっている

 

オランダのビザが取りやすいと非常に注目されるようになりました。

ヨーロッパに住んでみたかった人、住む必要のある人には朗報だったと思います。

 

しかし、ビザが取得しやすくても生活がしやすいわけではありません。

仕事が簡単に見つかるわけでもありません。

 

”何のために住むのか”ということは非常に大切です。

海外に住むという行為は、会社から命令された駐在ではない限り、自分の選択による移住になります。

 

オランダへのビジネスの進出が多くの人の選択ではないと思います。

香港やシンガポールのように日本人が多く進出する国やエリアでは、日本人が日本人相手の進出コンサルをやっています。

 

それも複数の人や会社がやっています。

ということはマーケットがあるということですし、競争があるマーケットなのでサービスの質も悪くありません。

 

 

オランダでの日本人相手の進出コンサルティングは実績が乏しい

 

一方、今まで特に海外進出の拠点として注目されていなかったオランダでは、上述の香港やシンガポールで当たり前のように受けられたサービスがありません。

 

たとえば、ビザ取得をしたいという場合、日系のビザコンサルティングに相談すれば日本人が日本語で説明してくれます。

その説明は多くのサポート実績があるコンサルティングによるものとなり、情報ソースとしても信頼できますし、経験値も非常に高い場合が多いです。

 

しかし、オランダでは日本人が日本人相手の進出コンサルティングを手掛ける人や会社はほとんどなく、あっても実績は非常に心もとないものになります。

オランダ人がやっているコンサルティングに日本人が依頼するケースがほとんどです。

 

こればかりは経験を積まないとノウハウも蓄積できないので、ビザ取得が容易であるということで、昨年や今年に入って日本人相手のコンサルティングは、ほとんど実績はありません。

 

鶏と卵ではないですが、件数をこなし経験を積まないと質の高いサービスを提供できるコンサルティングになれません。

現状では、そのような日本人は残念ながらお会いしたことがありません。

 

なぜなら、今まで日本人をマーケットに進出コンサルティングをしていた日本人はいなかったからです。

 

ですので、日本人に依頼するときには日本国内や他国でのサービスの質を期待せずに、ビジネスを始めたばかりの未経験コンサルタントに依頼するということを意識しておかないと、

「こんなはずではなかった・・・」

ということになりかねないので要注意です。

 

Pocket