私はどんな人にもおせっかいをしてしまいます

 

最近、私はおせっかいなのだと気がつきました。

人のお役に立ちたいという偽善的な気持ちがあるのかもしれませんし、ただの物好きなのかもしれません。

 

初めてお会いした人でも、「この人ならあの人を紹介すると良さそうだな」とか。

私が「この部分であればお手伝いできるかな」とか考えてしまうのです。

 

オランダに引越して、基本的に出会う人は初めての人ばかりです。

ビジネスコンサルの人と会うと、何かコラボできるかなとか、その人の得意な分野であればあの人を紹介すれば良いかなとか。

 

起業したての人と会うと、この部分をしっかり取り組めばうまくいきそうだとか、こんな取り組みをすると事業が展開していけそうだとか気づくと伝えてしまいます。

更に、起業したものの何から初めて良いのかわからない人には、コンサルのようなことをしてみたり、アドバイスをしてみたりします。

 

オランダで知り合った学生には、初対面のときから社会に出たら何をしたいかを聞き出し、何をしていけば良いか話したり、マインドセットについて話してみたり。

起業したら成功しそうだという学生には、起業したらと言ってみたり。

 

他にも、長くオランダに住んでいて面白いコンテンツを持っている方には、本を一緒に出そうと言ってみたり。

日本食材を扱っている知り合いと日本側の生産者をつないでみたり。

 

私の書籍の読者の方と偶然オランダで出会い、ちょうど起業するタイミングだったので応援することになり、彼がマネージメントするサッカークラブのユニフォームのスポンサーになってしまったり。(クラブ公式HPにゴールドスポンサーとして掲載されています

このチームは岡崎慎司選手が立ち上げた、ドイツのサッカーチーム(FCバサラマインツ公式HP)だったというオチがありましたが。

 

 

 

一緒に取り組める方、募集しています

 

昨年末の日本入りした際でも同様です。

 

初対面なのに映画館を経営していると知ると、その場で知り合いで映画製作をした方に連絡を取り上映できないかと相談したり。

地元の地域振興を考えている人と私もその素晴らしさに感動して、その場で海外に発信するためのNPO立ち上げを決めて発起人の一人になってしまったり。

 

面白い教材のコンテンツを持っている方と教育ビジネスをしている方とつないでみたり。

ラジオの枠を持っている方に、出演したら面白そうな人を紹介したり。

 

日本入りした時に開催した講演会も、25歳で起業した面白い人材を紹介したいと思いついて進めました。

神戸 真理さん(オレンジライフ代表

 

 

とにかく思いついたら行動したいのですね。

全てが上手くいくわけではありませんし、自分のペースが乱されて距離を置こうとする人もいます。

 

でも、それで良いのです。

 

私は私ができることを選択肢として提供しているのであって、それに取り組むかどうかは本人の意思です。

アドバイスを聞かないからと怒りだす人もいますが、私は全く気にしません。おせっかいなだけですので。

 

ただ、地球上に70億人以上いる中で知り合えたのですから、初対面でも一度しか会わない出会いでも奇跡的で素晴らしい出会いのはずです。

 

何か一緒に取り組めたり、お互いが高め合える関係になれたら嬉しいですね。

ということで、私と楽しいことができそうなことをお持ちの方は、ご連絡お待ちしております。

お問い合わせはこちら

Pocket