「お金がない」と考えてばかりいませんか?

 

起業しても思うようにビジネスがいかない。

営業の成績が上がらない。

お金が欲しいのにお金が一向に入ってこない。

 

お金って欲しい欲しいと思っても、思うように手に入れることができないですよね。

私もお金を追っているときには、お金と縁がありませんでした。

 

あるときメンターに言われたのですね。

 

お金を目的にビジネスをしていないか?、と。

 

お金持ちになりたいから起業することは悪くありません。

お金を稼ぎたいと考えることも悪くありません。

 

更に言うと、お金が欲しいと言えることは大切なことです。

ただ、お金を稼ぐ目的でお客様と接することがいけないのですね。

 

そこには、自信を持って商品やサービスを勧めたい。

自社の商品やサービスで、お客様の生活やビジネスをより良くしていただきたいという気持ちが無ければいけないのですね。

 

その結果、お金を手にすることができるという循環です。

わざわざ大切なお客様のお金を使っていただくのですから、あなたの目的がお金にあるとしたら本末転倒なのです。

 

一度、お金を稼ぎたいという気持ちを封印して、

 

お客様に喜ばれる商品やサービスは何か?

あなたがお客様だったら、どのような商品やサービスを提供してもらいたいか?

あなたがビジネスを通して、社会にどのような貢献ができるのか?

 

改めて考えてみましょう。

 

シンプルに「お客様の満足のために働く」と考えてみる

 

お金のことを全く考えなくなったら、信じられないスピードでビジネスは軌道に乗り、お金が増えていきました。

 

思考は現実化するといいますが、お金のためにビジネスをするということは、あなた自身がお金がないと自覚してしまうことになります。

あなたの脳が、あなたはお金が無いとインプットしてしまうのですね。

 

そして、その思考がどんどん現実化してしまうのです。

それは、周りの人にわかってしまいます。

 

考えだけでなく、行動にも現れてしまいますから。

 

繰り返しますが、まずはお金が欲しいという気持ちを頭の中から無くすことが必要です。

無理に私はお金持ちだと言い聞かせることはありません。

 

シンプルに、お客さまの満足度を高めるために働いてみましょう。

驚くほどの効果に出会えるはずです。

 

Pocket