オランダに引っ越した魅力的な理由とは?

 

オランダに引っ越しました。

マレーシアは、日本人にとって最初の移住には非常に良い国だと思います。

そのまま住み続けることも良いと思います。

ただ一方で、他の国にも住んでみたいなと考え始める方もいるでしょう。

 

 

私はマレーシアの次に移住するならといくつかの国を検討してきましたが、オランダを選んでみました。

なぜなら、ビザの取得が非常に簡単なのです。

外国人が住むにはビザが必要になりますが、オランダは私が過去に住んだ国の中でも、一番簡単にビザが取れてしまった国ではないでしょうか。

 

オランダと日本は1912年に結んだ条約で、お互いの国民が労働許可なく就労できるとしています。

誰も昔の条約を気にしていなかったのですが、今年、2015年3月にオランダ経済省企業誘致局が、日本人に向け現在でも有効であると発表しました。

 

私は、このニュースでオランダのフライトを予約し4月1日から家族で視察に行きました。

滞在中にビザ申請手続きをしてみましたが、あっけないくらい簡単に数日で取得できました。

 

オランダのビザに関しての素晴らしいポイントは、法人設立せず個人事業者としての登録で自身に対しての滞在許可が取れてしまいます。

はっきり言って、こんな国はありません。投資家ビザで大金を投資すれば別ですが。

オランダでは資本金の4600ユーロを払い込むだけ。日本円で65万円くらいです。

 

この投資金額でヨーロッパの国に住めて、働ける資格を得られるのです。

そして、このビザで5年以上オランダに滞在すると永住権の申請ができます。

ヨーロッパに永住する権利を得られるのですね。

 

 

語学教育も魅力的、教育にも定評のあるオランダ

 

そして、オランダは教育で非常に定評のある国です。

教育の現場にコーチングの手法を取り入れ、子供たちが主体的に学べる環境を作っています。

 

そして、語学教育が素晴らしいですね。

国民の95%が母語のオランダ語とは別に英語を話すといわれ、ドイツ語や複数の言語を操れる人も少なくありません。

日本からも教育界からたくさんの視察があります。あの尾木ママも絶賛していますね。

 

もちろん、世の中に桃源郷はありませんが、私は是非、体験してみたいと思いました。

今の日本人にとって馴染みが少ないオランダかもしれませんが、非常に穴場で良質な滞在先の一つになるかもしれません。

 

ただ冬が非常に寒いので、私たち家族も冬を越すことができるかは一つの目安かなと考えています。

寒すぎて滞在できなければ、暖かい国に戻ります。

 

ただ、ヨーロッパの環境を子供に経験させるのは意味があるのではないかと考えています。

引き続きオランダの情報を更新していきますね!

 

Pocket