photo by whalt

 

満員電車での移動は大きなストレス

 

先日、オランダから日本に入りました。

 

おかげさまで講演会をやらせていただいたり、ラジオ出演をさせていただいたり。

ありがたい経験をさせていただいています。

 

それらの移動に電車を使うのですが、通勤ラッシュや帰宅ラッシュの時間帯の電車は大変ですね。

荷物があると更に大変です。

 

乗り馴れていると満員電車の上手な乗り方も身に付いていますよね。

流れに会わせて車内の中央に入ったり、降りる人のためにホームに一度出たり。

 

でも、久しぶりに乗るとその流れに身を委ねられなくて、右往左往してしまいます。

すると舌打ちが聞こえてきたり、周りがイライラしだしたり。

 

なんであんなに大変な思いをしてまで移動しなくてはいけないのかと、本当に嫌になりますね。

それでも、私の場合は満員電車に乗らなくて良いように自分でスケジュールを調整もできるのですが、これが毎日だと会社に行くまでに自宅に戻るまでにぐったりしてしまうでしょう。

 

すると、会社でのパフォーマンスにも影響しますし、楽しい家族の団らんというのも難しくなるかもしれません。

週末はただただ身体を休める休息の時間になってしまい、家族と過ごしたり大好きな趣味に時間を費やすこともできなくなりそうです。

 

幸せな人生を送るためには自分自身で判断して行動してるかどうか

 

それでは、どうすれば解決できるのか考えてみたいと思います。

 

  • 通勤時間を早めに設定し、帰りも遅く帰るようにする

書いていて、更に疲労が増しそうな解決方法です。

 

  • 会社の徒歩圏に引っ越す

会社が都心にあれば、住宅費用も高くなりますし、子供の学校との兼ね合いもあるでしょう。

通勤しない人生を選択することはできないでしょうか。

 

  • 自宅勤務の制度があるなら申請してみるとか、雇用契約を見直してもらうなど

インターネットがつながっていればできる仕事は多いので、決してオフィスに常にいなくてはいけないということでもないでしょう。

しかし、企業によっては許されない勤務形態かもしれません。

 

となると、いっそのこと起業してみるのはどうだろうか?

新しいビジネスを生み出すのではなく、フリーランスとして会社と契約できないだろうか、とか。

 

もし、通勤電車を避けたいのであれば、さまざまな方法が考えられそうです。

現実的ではないと言う方もいるでしょうが、これは自分自身の基準を持つということです。

 

自分の人生を幸せに送るためには、周りの基準にあわせることなく自分の基準で判断していく必要があります。

大切なことは、自分自身で判断して行動しているかということです。

 

「仕方ない」と思考を停止していては、幸せな人生を送ることはできません。

是非、幸せな人生を送るための基準をもとに行動してみてほしいなと思います。

 

Pocket