日本人第1号として合格したマルボロカレッジ

 

マルボロカレッジを卒業します!

私の息子は、2011年に日本人としてマルボロカレッジマレーシア校を一番最初に受験し、合格。

 

 

その後、日本の皆さんにマルボロの魅力をお伝えし、マスコミにも取り上げられました。

ジョホールバルに教育移住をするという、新しい選択肢を作れたかなと思います。

 

息子も頑張ってくれ、年間成績優秀者で表彰されたり、運動会では徒競走で学年で一番。水泳大会でも学年で一番。

 

 

今回、マルボロカレッジを離れると先生方に相談したときには、将来有望なので是非、マルボロで教育を続けてほしいと言っていただきました。

息子も私も妻もマルボロカレッジが大好きで、離れるという決断は非常に辛いです。

マレーシア、ジョホールバル、マルボロカレッジは、日本人が海外で教育を受ける第一歩としては、とても良い環境です。

 

 

もっと広い世界を知ってほしい

 

しかし、息子は香港で生まれマカオ、ジョホールバルとアジア育ちで、幼稚園からインターナショナルスクール。

息子にとっては、英語が第一言語です。

 

私は、息子には日本人としてのアイデンティティーは大切にしてもらいたいですし、そろそろ、世界はアジア以外にもあるという体験をさせたいと考えました。

行き先はいくつか候補がありますが、教育に定評のある国に行きたいなと思っています。

 

ジョホールバルには、私の書籍や活動をきっかけに移住された方が少なからずいらっしゃると聞いています。

直接、サポートさせていただいた方もいます。

 

私がジョホールバルに来た2010年には日本人会によると、駐在以外でジョホールバルに移住している家族は2世帯だけと聞きました。

私は、ジョホールバルは非常に良い環境だと思っていましたが、当時は日本人が移住するのは無理だと言われました。

 

しかし、今は日本人の移住者のコミュニティーもできてきました。

移住サポートをする業者もできました。

偉そうですが、私の役割は終わったかなと思います。

 

日本人の移住の次の第一歩をご提案できれば。

また、皆さんに新しい国の情報をお伝えしていきたいと思います!

 

Pocket