資金繰りが忙しいお金持ちとお金の移動があまり無いお金持ち

 

休眠口座というのがありますよね。

銀行に開設されている口座で、全く活用されずに取引休止になっている口座です。

 

私は日本で金融機関でサラリーマンを経験しています。

たくさんの富裕層の方とお会いする機会がありました。

 

富裕層の方に共通していた特徴があります。

それは、全く使う予定の無い定期預金があることです。

 

お金持ちには、普段から資金繰りが忙しい人とお金の移動があまり無い人がいます。

 

資金繰りが忙しい人は、お金の入る金額は大きいのですが出る金額も大きく、銀行の口座に残高として残る金額は大きくないのが特徴です。

いつも入ってくるお金の次の使い道を計算していました。

 

娯楽に使うだけでなく投資も含めてですが、常にお金を遊ばせておかないのです。

定期預金を作成する場合にも、次に使う目的を決めて期間を定めて定期預金を作成していました。

 

一方、お金の移動があまり無い人は定期預金を作成すると、そのまま手をつけません。

結果としてどんどん貯蓄が増えていきます。

いつでも何かあれば使えるお金が手元にあるのですね。

 

日常の生活では使うお金の金額はある程度決まっていますし、特別に大きな買い物をしなければお金も入り用になりません。

このような人は、お金に対する心配は全く無いので心を穏やかに日々生活することができています。

お金に振り回されない人生ですね。

 

お金持ちのマインドを手に入れる

 

気がついたらお金が増えているというのが富裕層の感覚です。

そんなのは、お金持ちだからお金の心配をしなくて良いのだと言うかもしれません。

 

でも、お金持ちになるには、お金持ちのマインドを手に入れる必要があります。

あなたも絶対動かさない定期預金を一つ作ってみたらどうでしょうか?

 

あのお金を使えればもっと楽に暮らせるのにと考えてしまうかもしれません。

ですが、そこを我慢して使わないでいると持っていることも忘れるくらいになってきます。

 

頭から存在を消し去るまで我慢してみましょう。

すると、全く動かさない定期預金があなたの資産になります。

 

金額の大小はともかく、使わないお金を資産として持っているのですね。

そのような定期預金を作成していくと、お金持ちのマインドを手に入れることができていくのです。

 

自分のための”休眠口座”を持ってみませんか?

 

Pocket