EU在住の醍醐味、パスポート不要で各国を周ってみました

 

私は今、オランダに住んでいます。

EUは国境がありながら、国境を越える移動はパスポートが不要で車で自由に行き来ができます。

 

先日、息子の学校の休みに、周辺国を周遊する車での家族旅行に行きました。

オランダから始まり、ベルギー、ドイツ、フランス、スイス、ルクセンブルクと周りました。

 

ベルギーは美食の国。

食事を大いに楽しみ、水着で入る温泉にも入りました。

 

 

ドイツはEUの経済を引っ張る国力の強さを感じさせられました。

運良く、サッカー日本代表キャプテンの長谷部選手の練習を見学する機会もありました。

 

 

フランスでは、芸術を感じさせる街並みと食事を堪能。

 

 

スイスでは物価の高さに驚きながら、質素でありながらインフラが整備されている豊かさを感じました。

ルクセンブルクは平均収入が1500万円という高所得の国。

個人一人当たりのGDPも世界一。

バブルではない豊かさを感じました。

 

 

人生に大切な4つのこと

 

家族でこのように周遊する時間が持てたことは非常に幸せなことで、旅をしながら人生に大切なものはなんだろうと改めて考える機会になりました。

 

今、私がこのような生活をできているのは自分でビジネスの現場にいる必要は無く、投資中心の生活だからです。

投資も自身で相場を毎日見ながらトレードするのではなく、信頼できるトレーダーに運用を任せているので、基本的に時間の自由があります。

 

プライベートバンクでも良いのですが、私は投資自体は好きなので、個人的に紹介されたトレーダーの方々とお会いして、過去の運用などを見せていただいて運用をお願いしています。

 

そう考えていくと、私にとって一番人生に大切なものは時間なのかもしれません。

 

私も経営の最前線にいたときには、365日いつも仕事もことを考えていて、家族との時間もとれず、ゆっくり寝るということもあまりできませんでした。

結果として体調を崩しましたが、それをきっかけに一度リセットをしてみようと思いました。

 

働いているときは、仕事中毒といわれていましたが、果たしてそのような働き方を私自身がしたかったのかは、離れて考えてみると周りが見えなくなっていただけかもしれないと思いました。

 

ただ、ビジネスを立ち上げたばかりのときなどは、がむしゃらに働くことも必要だと思ってはいました。

しかし、ヨーロッパで自分の生活を大切にバランスよく働く人を見ていると、そのような選択肢があっても良いのかなと。

自分の自由な時間を持てることは幸せなことなのだと考えるようになっています。

 

時間と同じくらい大切ではないかと思うのが、健康です。

自由な時間があっても健康でなければ、自由な時間を十分に楽しむことができません。

 

ましてや、体調を崩せば自分だけでなく家族も困りますし、経営者であれば取引先やお客様、会社のスタッフにも大きな迷惑をかけます。

雇用されている立場でも、やはり同僚や会社に迷惑をかけるでしょうし、顧客を持っていれば、お客様にも迷惑をかけるでしょう。

 

となると、健康であることも時間と同じくらい大切なものに思われます。

 

そして、自由に楽しんで生活を送るには、やはりお金は大切になってきます。

それなりの資産を持つか、縛られない働き方や稼ぎ方ができるノウハウを身につけるかですよね。

 

私は、信頼できるトレーダーに運用を任せるということを選びました。

より自由な時間を得ることができますから。

 

自分で運用していくと、どうしてもビジネスをやっていたときと同じく、365日考えてしまい、健康的な生活は送れそうにありません。

 

自身が疲弊せずにお金の心配の無い生活を送ることが私には幸せに思えます。

自由な時間、健康、お金の心配が無くなると幸せかというと、もう一つ必要だなと今回の旅行で気づきました。

 

それは、家族も含めた人間関係です。

 

人間は一人では生きていけません。

この旅行も家族で出かけたからこそ、素晴らしい時間を過ごせたのだと思います。

もちろん、一人旅も素晴らしいですが、その感動を共有できる人間関係があると私は幸せになれるのかなと思いました。

 

人生に大切なものは、

  • 自由な時間
  • 健康
  • お金
  • 人間関係

の4つではないかなと考えています。

 

Pocket