”あなたは英語ができます”

 

海外に住むためには英語力は必要なのでしょうかという質問も多くいただきます。

必須ではありませんが、英語力があるとかぎりなく自身の生活範囲が広がります。

 

 

 

まず、日本人は英語ができます。

英語が話せない人は多いですが、英語ができない人はあまりいません。

セミナーでもよく話すことですが、日本人は英語で自分の名前を伝えられる人がほとんどでしょう。

英語で数字を言える人も多いですよね。ワン、ツー、スリーとか。

 

では、英語で伝えられるようなことを、フランス語でできるでしょうか?

中国語でできるでしょうか?アラビア語では?と考えると英語はできるのですよね。

 

日本に来た外国人が私の名前は〜です。

とか、これ、いくらですか?とか日本語で話していたら、日本語ができると言いますよね。

日常生活であれば、十分自信を持って大丈夫です。

あなたは英語ができます。

 

必要な語学力はどのような生活を送りたいかで変わる

 

ビジネスの場面では、残念ながら、この程度の英語力では到底、自分の考えを伝えることはできません。

しかし、ビジネスの場面では通訳がいますよね。

 

となると英語力はいらないのかなと思いますが、自分だけでなく家族で海外に住む場合には、職場以外のお付き合いが大切になってきます。

学校とのやり取りもありますね。担任の先生との面談で、全く意思の疎通が図れなければ子供の状況も把握できません。

 

海外に住んでいれば言葉はできるようになると言いますが、親の責任を果たすために必要な語学力は身につけたいですよね。

でも、これも通訳を付けようと思えば付けられます。

 

となると、いったい英語力、語学力は必要なのかということになりますが、これは自分がどこまで自分で対応して、どこを通訳に任せるのかを事前に考えておけば良いのだと思います。

自分が全てやりたければやれば良いですし、自分にできないことは任せても良いのです。

となると英語力は必要なのかということですが、自分がどのような生活を送りたいかで必要な語学力は変わると思うのです。

 

Pocket