金持ち体質と貧乏体質の分かれ目は罪悪感

 

雑誌で読んだかネットの記事だったか、金持ち体質と貧乏体質の分かれ目は罪悪感であるとありました。

何かを選択するときに、これを選んだら罪悪感を感じそうだからやめておこうと考える人は貧乏体質なのだそうです。

自分の選択に罪悪感を感じるか感じないかで選ぶ人は、良い人のようですよね。

 

しかし、お金持ち体質の人は自分の目標が明確なので何を選びたいということは自分の判断でするのだとか。

良い意味で他人の目を気にせず、自分の目指すゴールへ最短距離で進んでいけるのでしょう。

そして、お金持ち体質の人は自己肯定感が高いのだそうです。

 

 

 

一方、貧乏体質の人は自己肯定感が低いので自分で判断をせず、更に罪悪感も判断材料になるので、どんどん自分の本当に欲するものから遠ざかり、成功も遠のいていくのだそうです。

 

「手段を選ばない」という言葉がありますね。

すごく悪い言葉のように感じる人もいるかもしれません。

それは、まさに罪悪感を感じているのですよね。

 

自分の行動を冷静に判断する

 

もっと周りを傷つけずに正攻法で目的を果たしたい。目標を達成したい。

しかし、結果として自ら欲するものを手に入れられないのだとしたら、それは自分に忠実な行動なのでしょうか。

 

それから、お金持ち体質の人の行動の一つに、難しいと思ったらあきらめるということもあるのだそうです。

一度決めたらやり抜くという考え方もあります。

 

しかし、自分の選択に固執して事態を悪くしてしまうこともありますね。

引くときは引く。このように考えられることも大切なのですね。

 

自分の欲するもの、自分の目標を手に入れることも大切ですが、自分の行動を冷静に判断して自分の行動がゴールに向かっているのか、正しい努力をしているのかを意識しないといけません。

もし、自分が貧乏体質だとしたら、まずは自分の判断は正しいと自己を肯定し、自分の判断を選択していく訓練をしましょう。

 

小さくても一つ一つ自分で判断して行動することを繰り返し、成功体験を積み上げていくと良いですね。

そして、自己肯定感を高め自信を持って一度の人生を楽しんでいかないともったいないですよね。

 

Pocket