目標は具体的に設定し数値化して見えるようにすること

 

目標を達成することが難しい。。。

もっと違う結果を望んでいたのに。。。

 

ビジネスマンであれば、会社のノルマがありますね。

ノルマというのは与えられた目標ではあります。

 

一方で、個人的に自ら目標を立てることもあります。

 

毎月10冊以上本を読む
今年こそ海外旅行に行く
貯金をする
収入を増やす

様々な目標があります。

 

これらが達成できていないのであれば、何かが足りないのです。

足りないものは何か?

 

それは、強く願う気持ちです。

目標を絶対達成するぞという気持ちが足りていないのです。

 

しかし、気持ちだけではなく目標を立てるコツというものもあります。

曖昧な言葉ではなく具体的な言葉で目標を立てます。

 

毎月10冊以上本を読むではなく、どのような書籍を読むのか具体的にします。

海外旅行に行きたいではなく、どの国、どの街に行きたいのか具体的に決めます。

貯金をするではなく、いくら貯めると具体的な金額を決めます。

収入を増やすではなく、目標の収入の金額を具体的にします。

 

そして、その目標をいつまでに達成するのかという日にちを具体的にします。

今年中とかではなく、何月何日までとするのですね。

 

そうすると、目標達成までの日数が具体的になり、逆算して日々の目標への行動をチェックできますね。

チェックしていく際に必要なのが目標の数値化です。

 

全体を100として、どれくらいできているのか。

達成度を数値で確認することで、モチベーションの維持にもつながるでしょう。

 

一歩一歩進んでいることを確認していけます。

自分が一歩でも二歩でも進んでいることを確認できると、目標まで心が折れずに進んでいけますよね。

 

目標はいつでも修正可能、それに振り回されてはいけない

 

そして、目標を常に目に触れることができるようにしておくことです。

紙に書き出して持ち歩いても良いですし、携帯のメモに書いておいても良いでしょう。

 

紙に書き出したものを携帯で撮影し、その画像をいつでも見れるようにしておくこともできます。

頭の中にいつも目標を意識できるようにしておくのです。

 

その目標を目にするたびに声に出して読んでみましょう。

口にするたびに脳に刻まれ奥深くまで浸透していきます。

 

無意識のうちに目標を意識している自分に気づくでしょう。

ここまでくれば目標が達成できないことはありません。

 

そして、、、

最後に一番大切なことを教えます。

 

目標はいつでも修正できます。

達成することが大切ですが、いつでも修正可能なのです。

 

自分の立てた目標に振り回されることなく、今のあなたにとって一番必要な目標に修正していくことが達成するコツなのです。

 

Pocket