コミュニケーション能力を高めるには語学力は必須なのか?

 

海外における英語を超えるコミュニケーションツールは何でしょうか?

海外で活躍するためには語学力が必要であるとか、異文化コミュニケーション能力が必要であると言われます。

 

私も異文化コミュニケーション能力を磨きましょうとお伝えしています。

特に子供をグローバル化が進む世界で活躍するためには、小さい頃から異文化や海外を知り、コミュニケーション能力を高めていくべきと思います。

 

このコミュニケーション能力を高めていくには、語学力が必須であろうと考えがちです。

子供の頃から複数の言語を学び、使える環境にあれば問題は無いでしょう。

 

しかしながら、日本に生まれ日本で育つ日本人に、複数の語学力を身につけることや、異文化コミュニケーションを学ぶことはなかなか難しいのではないかと思います。

 

では、日本という国は世界に発信できていないのかというと、驚くほど世界中に日本マニアは存在します。

海外の大学で日本語を学び流暢に日本語を話し、日本文化に精通している人も少なくありません。

 

私が海外で出会う、これらの日本通の外国人に共通するものがあります。

それは日本語を学ぶきっかけです。

 

なぜ、日本語を勉強したいと思ったのかというと、きっかけは日本のアニメ、もしくはゲームという人が若い日本通の外国人に非常に多いです。

海外旅行した際にホテルでテレビをつけると、現地語で放送されている日本のアニメを見たことがある人は多いのではないでしょうか?

 

言葉ではない絵が世界共通言語

 

そう、日本のアニメは世界中の子供の心をつかんでいるのです。

これって、すごいことですよね。

 

子供の頃に見たアニメが、日本のものだったという外国人が世界中にあふれているのです。

日本のアニメですから、異文化を意識した作品作りをしているわけではありません。

ゲームもそうですよね?

 

これらに共通する言語は、映像であり画像です。

 

私も言葉が通じなくて困ったときに、身振り手振りで伝えようとしますが、いよいよ全く通じないというときには下手な絵で会話をすることがあります。

 

絵を使う会話には言語が不要なのです。

そして、絵は世界共通言語なのです。

 

インターネットで世界中がつながり、誰とでもリアルタイムでコンタクトできる時代になりました。

 

しかし、共通の語学の習得はインターネットの普及のスピードに追いついていません。

語学力を必要としない画像や映像でのコミュニケーションが求められるようになるかもしれませんね。

 

Pocket