海外投資とは投資の選択肢を増やすということ

 

投資のコンサルティングをするときに、「海外投資は稼げますよね」と言われるときが多いです。

海外投資だから日本国内の投資より稼げるということはありません。

 

ただ、日本国内だけで投資するより海外投資も行う方が選択肢が増えるということです。

そして、日本円だけでなく外貨の資産構築をすることにより、通貨を分散して資産を構築できるということですね。

 

なぜ通貨を分散して資産を構築することが良いのか?

これは、世界の通貨の価値は固定されているわけではないからです。

 

日本円も円安になったり、円高になったりしますね。

日本円の価値が変わるたびに、資産が増減するのです。

 

1米ドルが100円のときに1億円を持っていたとします。

すると、その1億円は100万米ドルになります。

 

しかし、1米ドルが200円になると1億円は50万米ドルになるのです。

自分の資産が半分になってしまうのですね。

 

日本に住んでいるから外貨に換算して考える必要は無い、と言う人もいます。

でも、日本国内で食料品も全てまかなっているわけではありません。

海外からたくさんのものを輸入して、日本経済は成り立っていますね。

 

ということは、日本の商社やメーカーは日本円の価値が下がれば、それだけ支払う日本円を必要とします。

そうなると、末端の消費者に価格は転嫁されていきます。

 

日本円の価値が下がると輸入品の価格が上がり、購入するのに日本円の価値が下がる前より多く支払う必要があるのです。

 

資産を”守る”には資産分散、”増やす”には投資するタイミング

 

そこで、自分の資産を複数の通貨で管理していれば、それぞれの通貨の価値が上がったり下がったりしても、資源の増減を吸収することができます。

日本円で1億円、米ドルで100万米ドルを保有していれば、日本円と米ドルの価値が上下しても自分の資産額は変わらないですよね。

これが資産を複数の通貨で持つ意味なのです。

 

海外投資となると資産を増やそうと考える人が多いですが、基本的に資産を分散して守ると考えるのが良いと思います。

そして、日本でも海外でも投資をして資産を増やすタイミングがあります。

日本のアベノミクスは日本で資産を増やすタイミングです。

 

過去の中国が急成長したときは、中国で資産を増やすタイミングでした。

フィリピンやミャンマーなどの発展途上国も投資のタイミングは来るでしょう。

 

海外投資が稼げるのではなく、資産を増やせる国に投資をして資産を増やすというのが正しいです。

資産を守るための投資であれば、分散投資という方法になりますね。

 

Pocket