ゴールへのルートを再検索すれば良い

 

普段の移動でGoogleマップにお世話になることが多いです。

行きたい場所や住所を携帯のアプリを起動させ入力して指示のままに移動するのです。

 

音声の指示が実際の移動とタイムラグがあったりしますね。

「あ、ここで曲がるのは早すぎた!」とか、「ここで曲がるのか。行き過ぎてしまった!」とか。

 

私はよく曲がるタイミングを間違えます。

そんなとき、Googleマップは涼しい顔をして、再検索中となり次善のルートを提案してきます。

 

何度か再検索中を繰り返すたびに、

「これは人生そのものではないか?」

と思うようになりました。

 

人生も後から、あそこでAではなくBを選択すべきだったのだなとか、あのときの選択は正しかったけれど時期が早すぎたとか考えるときがありますよね。

そのときに後悔して次に進めなくなりそうなときもありますし、取り返しがつかないと考え再チャレンジをあきらめたりしてしまうときがあります。

 

でも、そうではないのですよね。

ルートを再検索して、もう一度ゴールを目指せば良いだけなのです。

 

まずは目指すゴールを明確にすること

 

大切なことは、あなたが自分の行き先を明確に知っていること。

どこに行きたいのか。どんな人生を歩みたいのか。

 

自分の目標や夢が明確であれば、最短ルートでなくても、同じ道を何度も通ったとしても必ず到着するのですよね。

逆に成功したいけれど、何で成功したいかが明確ではない人は、いつまでたってもゴールにたどり着けません。

 

何から始めて良いかわからないという人がいますよね。

こういう人は、実は自分の目標や夢が明確ではないのです。

 

方法論は実は大して重要ではなく、ゴールが明確であること。

自分が何を求めているのかが明確であれば、どんな回り道をしても必ずゴールに着くのです。

 

そして、ゴールが明確であれば周りの人たちが、右折ではなく左折だよとか遠回りしそうなときに教えてくれるのです。

そのために、自分の目標や夢は周りに話すと良いです。

 

口に出すことは自分自身に対する決意表明であり、思考を現実のものにしやすいですが、それ以上に周りの人も協力しやすくなるのですね。

結果としてゴールまでの道のりが近づくのです。

 

あなたも目標や夢を明確なものにしましょう。

必ずゴールまで行けますから。

 

Pocket