ハッピーチャイニーズニューイヤー!

旧正月の元旦をジョホールバルで過ごしました。

春節快楽!恭喜発財!

日本語にすると、あけましておめでとうございます!お金が儲かりますように!です。

ジョホールバルも中華系を中心に旧正月を祝います。

中国人や中華系が毎年、新年に掛け合う言葉が「お金が儲かりますように!」なのです。

私はこの非常にわかりやすい発想が大好きです。

初詣に行くお寺の飾り付けも金色で眩しいですね。

日本ではなかなかお寺の装飾をきらびやかにはせず、質素な感じですよね。

お寺が率先して金色の飾り付けをして、「お金が儲かりますように!」と言ってしまう感性に、つい笑ってしまいます。

中華系と深く付き合うためには

私には学生時代に通った香港に親友が。北京にはメンターが。ジョホールバルにはメンターでありパートナーがいます。

それらは全て中国人や中華系です。

当時の肩書きや立場が無くなっても、変わらず関係が続いています。

中国には「井戸を掘ってくれた恩を忘れない」という言葉があります。

中国における田中角栄氏が代表例として有名です。

田中角栄氏が首相のときに、日中国交正常化交渉が行われ、国交が回復しました。

その後、氏が失脚しても、娘の田中真紀子氏も変わらず中国では厚遇されています。

私も先述したメンターたちとは、最初に何かを手がけたという経験があるのです。

この関係は非常に強く、立場が変わり肩書きが変わっても、後任に関係は引き継がれず、あくまでも当人同士の関係になります。

これは日本とは少し違いますね。

日本であれば、後任をよろしくと言えば関係は移っていきますが、窓口は変わらないのです。

このような文化を知っておけば、前任にストレスを感じることなく、自身の関係を構築していけるのです。

Pocket