ドイツのマインツ入りして私がスポンサーになっているバサラ・マインツの応援に行ってきました。

バサラ・マインツ

http://basara-mainz.com

マインツでプレーしていた岡崎慎司選手とマインツのユースなどで指導していた山下喬氏の思いでできたサッカーのチームです。

二人は滝川第二高校というサッカーの名門校での先輩後輩の関係で、マインツで再会してチームを立ち上げることになりました。

海外で活躍する二人ですから、日本人が世界で活躍できると信じていますし、そのノウハウもあります。

私は、ご縁があり二人の思いに共感しスポンサーという形でチームを昨年から応援しています。 ドイツというサッカー先進国で日本人がチームを立ち上げるだけでワクワクしますが、彼らは日本人がプレーする環境も作っています。

私は現在オランダに住んでいますが、サッカー後進国である日本に対して悪気が無く日本人はサッカーがうまくないと考えているように思います。

どう言ったら良いでしょう。 外国人が作る日本食のイメージでしょうか。 美味しく日本料理を作れる外国人ももちろんいますが、なんとなく美味しくないというイメージがスタート地点になりますよね。 サッカーの場合は、海外で活躍する日本人もいるものの、全般的にはうまくないイメージがあります。

そのようなイメージを持たれている日本人がサッカーチームを作り、選手も日本人がプレーするのです。 同じ結果を残しても評価はされるまで時間がかかるでしょう。 このような取り組みを応援したいと思いました。 海外に出ることが正しいことではありませんが、日本とは違う環境に身を置くことで新たに自分自身を見つめ直したり、新しい価値観と出会うことで自分自身を成長させるきっかけになります。 今年からホーム戦のAbemaTVの中継も始まっています。

https://abemafresh.tv/fc_basara_mainz/54666

 

試合後、Ameba TV の放送中にインタビューしていただきました。 是非、皆さまにも応援いただきたく。 宜しくお願いします! ユニフォームの肩に国際自由人と入れていただいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket