クオックグループのグン社長の誕生日パーティー

2011年から毎年変わらず招待していただいています。

私もなんとなく2月はジョホールバル入りかなと思っています。

私はマレーシアを離れましたが、Molek Pine も来るたびに住みやすくなっていて、現場の皆さんの取り組みに頭が下がります。

そして、何度も書いていますが、ヌサジャヤエリアに比べて、しっかり街作りがされて物件の価値を落とさずいます。

都市計画を無視した供給過剰な開発がマーケットを崩していますが、モレックエリアはなんとか踏ん張っています。

物件は非常に素晴らしいので、もっともっと知ってもらえたらと思います。

Molek Pulai の商業施設に飲食店が開業

行ってみたらオーナーは知り合いの社長さんでした。

肉骨茶(バクテー)という料理のお店です。

骨付きの豚アバラや内臓を漢方薬で使う香辛料と醤油で煮込んだ鍋料理。

薬膳料理とも言われますが、中華系には日常的に食べられている食事です。

豚なのでイスラムの人は食べられません。

マレーシアに来たら是非、食べてみていただきたい料理の一つです。

Pocket