ヨーロッパと松田町を繋いで地域振興に取り組む

オランダのライデン大学日本学科出身のタイスくんが神奈川県松田町に採用され日本入りしました。

ライデン大学は世界で初めて日本学科ができた世界でも有数の日本研究で有名な大学です。

もちろん、日本を大好きで日本について学んでいる学生がたくさんいます。

私はオランダに引っ越してから、このような優秀な学生と出会い日本と繋いでいけないかと考えていました。

そして、昨年、ご縁があり松田町の活性化についてミーティングする機会がありました。

その際にオランダで日本を学ぶ優秀な人材を活用してはどうかと提案しました。

オランダ人は英語はネイティブレベルで、さらに日本学科の学生は日本語もできます。

このタイスくんは日本語をマスターしているだけでなく英語を教える資格も持っていて、子どもたちに英語を教えながら世界についても伝えていける人材です。

今の日本はインバウンドや地方創生は検討しないといけない必須の課題です。

今まで私は海外に日本人が出ていきやすい環境作りに取り組んできましたが、これからは海外から日本に呼びこむことで、現地の海外とは縁の無い日本人に外国人と接する機会を作りたいと考えていました。

ちょうど想いを共有できる町長と出会い、今回の取り組みとなりました。

さらにアジアのマレーシアともつなぎます

そして、オランダから人材を採用してもらうだけでなく、インバウンド先進国のマレーシアともつないでいきます。

マレーシア政府観光局の徳永さんにお願いして、松田町とマレーシアをつなぐ取り組みも始めます。

ヨーロッパとアジアを同時並行で松田町を活性化する取り組みになります。

ジョホールバルでも手がけましたが、街づくりを通して世界に通用する日本人を作り出していければと思います。

本当に楽しみです。

ところで、松田町から富士山がはっきり見えて驚きました。

なかなかポテンシャルがある町かなと思います。

タイスくん、頑張れ!

 
Pocket